院長よりご挨拶

私は大学卒業後、脳神経外科一般の診療と脳血管内治療(カテーテル治療)による急性期脳卒中の診療に力を注いできました。特に頚動脈狭窄症や超急性期脳血管閉塞に対するカテーテル手術を専門に従事してまいりました。急性期脳卒中疾患での入院、外来診療を行っていく中で、脳卒中を起こさせない予防医療を実践することが自分の使命であると確信し、今回篠栗の地で地域のかかりつけ医として貢献したいと考えております。動脈硬化のリスクである、高血圧、糖尿病、高脂血症など様々なトータルマネージメントを実践していきたいと思います。その他、頭痛や腰痛、認知症など様々な疾患に対しても“丁寧に、わかりやすく”を心掛けて、診察・検査・治療を行ってまいります。髙崎院長が築き上げた医療法人高坂会の理念を踏襲し、地域の皆様への信頼と安心の医療を今後も提供いたします。
たかが頭痛、たかが眩暈などと思わずに、ささいなことでもお気軽にご相談ください。何気ない症状から大きな病気が見つかる可能性もありますし、その予防のお手伝いが出来るかもしれません。「篠栗たかさき脳神経外科クリニックがかかりつけだから安心だ」と皆様に言っていただけるように精進してまいります。この篠栗の地で末永いお付き合いをお願い申し上げます。

院長 江藤 歩 ETO AYUMU

経歴BIOGRAPHY

平成22年 産業医科大学医学部卒業
平成24年 福岡大学筑紫病院 助手
平成29年 福岡大学筑紫病院 助教
平成30年 福岡大学筑紫病院 講師
平成30年 宗像水光会総合病院 脳神経外科
令和 元年 篠栗たかさき脳神経外科クリニック 院長

所属学会AFFILIATION SOCIETY

日本脳神経外科学会
日本脳卒中学会
日本脳血管内治療学会
日本脳神経外科コングレス

日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会脳卒中専門医
日本医師会認定産業医
医学博士

医療スタッフ

わたしたちスタッフは、患者様やご家族に
「ここを受診してよかった!」
そう感じていただけるクリニックを目指しております。

医療事務は、不安で心細く来院された患者様と最初に接する役割を担っています。当クリニックの特長である、明るい笑顔と清潔な身だしなみで、常に優しい対応を心がけています。
診察前の問診や検査説明、いろいろなご相談やお手伝いは看護師が行います。
また検査技師は、初めて方でもご説明をしながら、おひとりおひとりの体調や症状に合わせて適切な検査を行いますのでご安心ください。

スタッフ一同皆様の笑顔のために、少しでもお役に立てるよう努力して参りたいと考えております。
ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。