リハビリテーション

須恵たかさき脳神経外科クリニックのリハビリテーションでは、急性期・亜急性期~回復期、維持期の全般にわたり訓練を実施し、総合的な身体機能・精神機能の回復と日常生活における諸活動の実現、社会復帰を支援しています。

急性期治療を行なった病院からの治療経過の情報提供を基に、リハビリテーションサービスが継続的に提供されるように努めています。また、退院後、他病院・施設によるサービスの利用をされる場合は、情報提供書を作成し一貫した継ぎ目のないリハビリテーションの提供を図っています。

<理学療法の役割・機能>

理学療法では主に身体機能の改善を図ります。筋力増強や関節の可動範囲拡大、疼痛の緩和などから日常生活動作の能力改善に結びつけ、退院後の自立した生活を目指します。
また、腰痛や関節痛など一般のリハビリに加え脳梗塞後の麻痺などの運動障害へのリハビリテーション(脳疾患リハビリ)を積極的に実施しております。医師の指導の下、理学療法士がお一人おひとりのお話をじっくりうかがった上で一人一人に合わせたリハビリテーション計画を立案します。

このような症状の改善や目標の達成を目指します

□ 脳梗塞・脳出血などの脳卒中後遺症により、手足が自由に動かない
□ パーキンソン病で徐々に身体の自由が少なくなってきた
□ くび・かた・こし・ひざなどに慢性的な痛みがある
□ 年齢とともにカラダが硬くなり、動かしにくくなった
□ 病気の再発に不安がある
□ 足腰のしびれや筋力低下により、転倒や骨折の不安がある
□ 早く職場に復帰したい

脳血管疾患等リハビリテーション

対象となる疾患

  • ・脳梗塞、脳出血、くも膜下出血その他の急性発症した脳血管疾患又は手術後の方
  • ・脳腫瘍、脳膿瘍、脊髄損傷、脊髄腫瘍、その他の急性発症した中枢神経疾患又はその手術後の方
  • ・多発性神経炎、多発性硬化症、末梢神経障害その他の神経疾患の方
  • ・パーキンソン病、脊髄小脳変性症その他の慢性の神経疾患の方
  • ・失語症、失認及び失行症並びに高次脳機能障害の方
  • ・難聴や人工内耳植込手術等に伴う聴覚・言語機能の障害を有する方
  • ・顎・口腔の先天異常に伴う構音障害を有する方
  • ・外科手術後または肺炎等の治療時の安静による廃用症候群、その他のリハビリテーションを要する状態の方で、一定程度以上の基本動作能力、応用動作能力、言語聴覚能力および日常生活能力の低下をきたしている方
  • *詳しくは、お問い合わせください。

① 運動療法
筋力増強運動、関節可動域運動、バランス保持練習など、運動を通じてのリハビリです。ケガや病気によって低下した身体機能を改善します。

② 関節可動域運動
日常生活における歩行ができるように、筋力強化と関節の可動域訓練を行います。

③ 応用歩行練習
日常生活を想定し、階段昇降動作などの練習を行います。

運動器リハビリテーション

運動器とは骨・関節・筋肉・神経などの身体を支えたり動かしたりする組織・器官の総称です。運動器リハビリテーションでは、運動器疾患を持つ患者様に対して運動療法や物理療法、装具療法などを用いて身体機能を可能な限り改善することを目的とします。
当院では早期(手術前)からリハビリテーションを開始し、受傷前の生活に戻れるよう、自宅での生活を考慮し日常生活の獲得・職場復帰に向けて支援していきます。

① 関節可動域訓練
② 筋肉増強訓練
③ バランス訓練
④ 歩行訓練
⑤ パワーリハビリ
⑥ 物理療法


低周波、中周波、牽引療法、低出力レーザーなど物理的刺激による治療です。腰痛や肩こり、関節痛や手術後などの痛みを和らげ、緊張をとったり血行を改善したりします。